上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事から続きます。
 ’72年欧州選手権決勝戦 伝説の西ドイツ対ソ連を視ております。 メンバーや布陣はこちらから・・・
 ’72年欧州選手権の記録はこちらから・・・   「fussballdaten」のサイト   ドイツサッカー協会HP

 前回は、先取点を取るまでのパターンには嵌っていますが、崩しの手は多彩な、西ドイツの攻めを視てみました。
 今回は、西ドイツの守りについて視てみたいと思います。

 
 この記事でも取り上げましたが、開始10分ぐらいまでの映像です。 西ドイツは、ベッケンバウアーを特定のマンマーク相手を持たないスイーパーに置いて、ヘッティゲス・シュワルツェンベック・ブライトナーが、相手FWをマンマークしています。 MFも、原則マンマーク相手が決まっていますが、ネッツアーは、わりとマーク相手を「離す」事が多く、それが、守から攻への切り替えとゲームメイクのポイントであり、反面リスクでもあるようです。
 「天才ネッツアーがリベロののようにゲームを・・・」という評価は、結果によっては、「守備をしないネッツアーの責任で・・・」に成りかねなかったようです。
 「適度に守備をサボる」ネッツアーの効果と、危ない場面を視てみます。 
上の映像にもありますが、開始早々のソ連の攻めです。
 ①:西ドイツの左ウイングE.クレマースへのパスがタッチを割った処からスローイン ②:ソ連スイーパー⑫Kaplichny(カプリチヌイ・赤)が、スット前に出てパスを受け ③:⑭Konkov(コンコフ)へパス、ここではネッツアー(青)はチェックに行っている。 ④:コンコフはFWを一度クサビに使い ⑤:リターンパスをうけるが、ネッツアーはなぜかコンコフから離れ自陣の方へ行く ⑥:コンコフはあがってきたスイーパーカプリチヌイ(赤)にパス ネッツアーのマークはあいまいで ⑧:カプリヌイがフリーでドリブルで前進 前にはソ連FWが四人いて、西ドイツDFがマンマークしている
72wgeussr006a
 ⑨:フリーで上がってきたカプリチヌイに対応するため、ベッケンバウアー(黒)がマークに付く、これでFW対DFが横並びで同数。 ⑩:カプリチヌイはベッケンバウアーにドリブルで仕掛け ⑪:センタリング ⑫:これはDFがクリア ⑬:クリアボールはDFの前で「浮いて」いたネッツアーの前にこぼれ ⑭:フリーのネッツアーは前を向き ⑮:狙いすました縦パス ⑯:あわやミュラーが裏抜け・・・
72wgeussr006b
 本来でしたら、ネッツアーはカプリチヌイについて、DFに入らなければいけないと思うのですが、適度にサボって、フリーで浮いてボールを拾うことによって、カウンターの基点になっています。 今ではどういう評価をするでしょうね・・・。 ソ連も、ナナメ走り・ポストプレーなど西ドイツのような「手」を下せば、先取点だったかもしれません。

 次は、先取点後、前半30分くらいのプレーです。
 ①:いつものように、DFのすぐ前でボールを受けたネッツアーが、②:左サイド、ウイングとCFの間に走りこんだ右FWのハインケスの前にロングパスをだす ③:2人で対応したソ連DFはボールを確保し、 ④:GKは、ハインケスのマークについていなかった左FBにフィード ⑤:左SBは、オープンスペースになった左サイドをドリブルで上がる ⑥:左FBは、⑥Kolotov(コロトフ)へパス、本来コロトフのマーカーのヴィンマーは、そのまま上がる左FBのマークにつき、 ⑦:コロトフにはミュラーが戻ってチェック ⑧:コロトフは更に右へパスし、ここにはヘーネスが対応するが更に右サイドへ展開 この間、ネッツアー(青)は誰かにマークにつくことなく浮いている。
72wgeussr005a
 ⑨:右ウイングは一度キープし ⑩:内側に上がってきたBKにパス 右から回ってきたネッツアーはチェックに行くわけではない ⑪:ベッケンバウアーが対応に詰めるが、 ⑫:ソ連選手はドライブのかかったシュートを打ち、マイヤーがバーぎりぎりのところでセーブ
72wgeussr005b
 ソ連のいいシュートでしたが、ゴール前は同数でしたから、何か仕掛けようがあったかも・・・。 逆に仕掛けを防いでこぼれ玉をネッツアーに繋げば、一挙に反転速攻でしょうか。

 これは、終了前、①:ネッツアーのFKはキーパー正面に飛ぶ ②:GKは一度やり過ごし、逆サイドのBKにフィード BKは西ドイツFWがチェックに行くがかわし ③:中央のMF経由 ④:前線に上がった⑭コンコフにフィード そのときネッツアーは歩いて自陣に戻る ⑤:コンコフにはベッケンバウアーが対応するが、右FWに繋がれ、 ⑥:クサビのボールを入れられ、これをシュワルツェンベックが後からスライディングタックル ファール ⑦:ベッケンバウアーは笛がなったのに前に蹴り ⑧:なんと、ミュラーもあっちの方へ蹴ってしまう・・・そのときネッツアーはミュラーの脇を歩いている。 警告ものにプレーが三つ・・・アブナイ・アブナイ(笑)
72wgeussr007

 更に、終了数分前のプレー ①ソ連の攻めがGKとなり、左サイドへフィード このときソ連FWは2人(赤)残っている ②:いつものようにネッツアー(青)にわたり ③:追い越してきたベッケンバウアー(黒)に出す この時、西ドイツDFは攻撃モードに切り替わり上がり始めた為、ネッツアーの後にはシュワルツンベックだけで、傍にはソ連FWが二人いるので、ネッツアーは実質最後尾のDFとなる。 ④:ベッケンバウアーは珍しく前線へのパスミス ⑤:ソ連選手は、最前線へロングフィード 西ドイツ選手はヘッティゲス(緑)はじめ慌てて戻る ⑥:画面がブレテいますが、この時ネッツアーの位置は空中のボールの下 ⑦:ロングボールはいい場所に送られ、FW・BK2対2の追いかけっこ ⑧ベッケンバウアーが、ダイビングへッドでキーパーへ戻すクリア・・・。
72wgeussr008
 ネッツアーは、ベッケンバウアーが上がった後、最後尾DFとしてのリベロになった・・ような内容の記事を読んだ記憶がありますが、この場面を見る限り、ネッツアーには「役割交換したDF」の意識は薄いようです。

 と、何か「揚げ足取り」みたいな場面を取り上げましたが、このDFの前で適度に守備をサボり浮いているネッツアー・・・は、「諸刃の剣」といえますが、一旦攻めに転じた時のプレーは「ファンタスティック」ですね。
 こういう面白さが、サッカーの最大の魅力なんですが・・・さて次回は、後半戦に行きます。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/554-019727ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。