上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事から続きます。
 ’72年欧州選手権決勝戦 伝説の西ドイツ対ソ連を視ております。 メンバーや布陣はこちらから・・・
 ’72年欧州選手権の記録はこちらから・・・   「fussballdaten」のサイト   ドイツサッカー協会HP

 さて、今回は後半戦です。 ソ連は後半最初から⑭Konkov(コンコフ)にかわり⑮Dolmatov(ドルマトフ)が入ります。 まずは、立ち上がり早々の両軍の攻守です。

 以前も載せましたが、得点シーンのみのハイライト映像です。


 ソ連はやはり後半開始から、前からのプレッシャーをかけ、ボールを取りにいきます。
①:ゴールキックはベッケンバウアー(黒)に渡るが、ソ連FWが厳しくチェックに行く ②:キーパーへのバックパスも危うく ③:コーナーへ押込まれる ④:ブライトナー(橙)と合わせソ連FWで狭い所で2対2 ブライトナーは相手に当ててGKなどせず、切り返して ⑤:前へフィード ⑥:下がってきていたE.クレマース(黄)は、スルーして反転 ⑦:DFを置きざりにして前進 ⑧:更に中にフィード
72wgeussr009a
 ⑨:ボールはヘーネス(緑)がクサビとして受け ⑩:スクリーンキープし、内側に入り込んだE.クレマースに ⑪:スイッチし、E.クレマースは前進 ⑫:ボールをヴィンマー(桃)にはたき、更に前へ走りこむ ⑬:チェックされたヴィンマーは ⑭:ネッツアー(青)にもどし、 ⑮:ネッツアーは ⑯:右ウイングのハインケス(橙)へ
72wgeussr009b
 ⑰:ハインケスはタテに勝負、SBはスピードで抜くが ⑱:カバーに入ったスイーパーがタックルして ⑲:ボールを奪う ⑳:ソ連の反転攻撃 スイーパーが右サイドをドリブルで持ち上がり 21,22:中央で繋ぎ 23:DF③Khurtsilava(フルツシラバ)がつなぎに入り、右サイドへ展開 24:⑮ドルマトフがゴール前に走りこむ
72wgeussr009c
 25:右サイドから⑮ドルマトフへ縦パス 26:走りこんだドルマトフへはベッケンバウアー(黒)が対応 27:クリア・・・。
72wgeussr009d
 西ドイツは、前半からそうですが、中盤でもマークされたMF(ヴィンマー・ヘーネス・ネッツアー)にクサビを打ち、かわして前進、又はスクリーン・ワンツー・スイッチなどで、次へ展開というプレーを使います。 そこに、中盤の底にいるネッツアーやベッケンバウアーが絡んで、中央突破か、サイド展開か・・・というパターンです。
 ソ連は、後半からMFが縦に走って受けようとする、BK陣が組み立てに参加、フルツシラバがロングシュートを放つなど、流動性がやや増しました。 しかし、殆ど、空いている選手にパスを繋ぐ、だけなので、ペナルティエリアに入り込む「崩し」があまりありません。

 そうこうするうちに、西ドイツにあっけなく追加点が入ります。
①:中盤でのこぼれ球をベッケンバウアー(黒)が拾い ②:前線に上がろうとするが、チェックにあい ③:ボールはソ連陣にこぼれる ④:ボールは③フルツシラバ(橙)に渡り ⑤:フルツシラバは一気にドリブルで前進 ⑥:応対したベッケンバウアー(黒)の手前で、ワンツーの球出しをするが、ミス ⑦:ボールはヴィンマー(水色)が拾い ⑧:ヴィンマーはボールを一旦右へ預け前進
72wgeussr010a
 ⑨:ボールはネッツアー(青)に渡り、ネッツアーは前進したヴィンマーに縦パス ⑩:ヴィンマー(水色)は2人に絡まれるが、キープし一旦ネッツアーへ戻す ⑪:ネッツアーは ⑫:左サイドに開いたブライトナー(橙)へロビングでパス ⑬:ブライトナーはソ連FWのチェックを受け、シュワルツェンベック(紫)にパス ⑭:シュワルツェンベックは更にベッケンバウアー(黒)に繋ぎ ⑮:ベッケンバウアーは右へドリブルで持ち出し ⑯:ソ連FWのチェックの寸前で縦パス
72wgeussr010b
 ⑰:このパスは、ヘーネス(緑)へのクサビとなる このときヴィンマー(水色)のマークは⑮ドルマトフ(赤) ⑱:ヘーネスは一旦後にボールを流しDFを離し前を向き、 ⑲:上がってきたネッツアー(青)へパス ⑳:ネッツアーは左サイドへパス 21:ここには本来右FWのハインケスがいる ヴィンマー(水色)が前方のスペースに入り込むが、マーカーのドルマトフ(赤)は遅れている。 22:ハインケスにソ連DFが対応するが、外側の選手はE.クレマースについておりミュラーが外へ開く動きをしたため、この裏のスペースをカバーできるソ連選手がいない。21:ハインケスは、一気にスピードを上げて走りこむヴィンマー(水色)の前にスルーパスを、対面のDFの届かないコースに流し込み 22:マークを振り切ったヴィンマーは 23:ファーサイドへシュートを流し込み、24:キーパーは触ることがやっとでゴール
72wgeussr010c2
 流れの中で、ハインケス・ヴィンマーをフリーにしたところで勝負あり、でしょうが、クサビ・3人目の動きがずーっと連動したこの時代の西ドイツらしいゴールでした。 最後の3人はボルシアMGのチームメイトですね。

 今回はここまでで、次回は3点目とまとめをしたいと思います。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/555-12d2fcf4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。