上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事から続きます。
 ’72年欧州選手権決勝戦 伝説の西ドイツ対ソ連を視ております。 メンバーや布陣はこちらから・・・
 ’72年欧州選手権の記録はこちらから・・・   「fussballdaten」のサイト   ドイツサッカー協会HP

 前回記事のように、後半開始から「攻め」に出たソ連ですが、西ドイツに10本のパスを繋がれ、最後ゴール前に走りこんだヴィンマーをフリーにして追加点を取られてしまいました。 更に、カウンター的に3点目を入れられ、勝負は決まりです。
 
3点目は、西ドイツ陣内のFKから始まりますが、最初は、西ドイツの気の抜けたようなミスからです。
①:FKをベッケンバウアー(黒)が小さく前へ出すが ②:周囲の選手が反応せず ③:ソ連に奪われ4人に一気に攻められるが ④:パスがベッケンバウアーにわたり、ピンチを脱する。 ⑤:ベッケンバウアーが怒っています。 ⑥:一度GKへパスし、更に左のブライトナー(橙)へパス。 シュワルツェンベック(桃)、ネッツアー(青)と①の4人が居る。 ソ連も4人が詰めてきている ⑦:ネッツアーに一度預け ⑧:ブライトナーへ戻す この時ソ連の選手の寄せが中途半端 
72wgeussr011a
⑨:ブライトナー(橙)は、浮き玉で中央前へ出す ⑩:これをシュワルツェンベック(桃)がうけ、前方の広大なスペースへ一気にドリブル ⑪:左にハインケス(緑)が並走 前方からミュラー(水色)が下がってくる ⑫:シュワルツェンベック(桃)はミュラー(水色)にボールを預け更に前方へ疾走 ⑬:ミュラー(水色)は向き直りドリブル、前方ではハインケス(緑)が一旦止まる シュワルツェンベック(桃)はやや外へ開くように走る ⑭:ミュラーはハインケスに強いクサビのパス ⑮:ハインケスはシュワルツェンベックの前に浮き玉のパス ミュラーはこの二人の間のスペースへ走りこむ ⑯:オフサイドはなく、ボールはシュワルツェンベックの足元に
72wgeussr011b
⑰:パスかトラップミスか不明だが、ボールはミュラーの足元に ⑱:ミュラーはワンタッチでシュート・ゴール・・・ この角度では、横の関係がわかりずらいですが、⑱から24のゴール裏からのリプレーですと、三人の関係がよく判ります。 シュワルツェンベックの走り込みが、ソ連DFを広げて「穴」を空けて、そこにリバースに走りこむミュラーが捕まえられない、ボールはソ連選手の対応より、一歩先にワンタッチでパスされるので、防ぎようが無い そういう流れでした。
72wgeussr011c
 簡単に図にすると下記のようです。 青がボールの動き、赤点線が人の動きです。 「三人目の動き」の応用で、クサビ・ワンタッチスルーパス・DFの「間」への走りこみ・・・と、現在でも「有効な」手だと思います。
72wgeussr10

 さて、この画像は終了間際で、西ドイツファンがスタンドから降りて、ライン際まで押し寄せています。 終了と同時にピッチ内へ乱入です。
72wgeussr012

 さて、ソ連は、西ドイツの「マンツーマン崩しの攻め」を防ぎきれず、スイーパーシステムを崩しきれなかったわけですが、以前紹介したアヤックス・フェイエに比べると、明らかに戦術的対応力が無かった様に思えます。 「前から」いくなら、アヤックスの様に全員がハーフウェーラインより前に「押込み」中盤のスペースを消す・・・とか、「引く」ならある場所で「数的優位」を作る守り方をするとか・・・。
 そういう点で、欧州選手権を制したこの72年西ドイツと、チャンピオンズカップで2連勝したアヤックスが、もし対戦したら・・・という興味は盛り上がったと思います。 今で言えば「バルセロナ」と「ブラジル代表」はどっちが強い?、みたいなもんでしょうか・・・。

 ということで、次は、74年ワールドカップの西ドイツ、オランダが同じチームと戦った「対スウェーデン」戦で色々比較していきたいと思います。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/557-b697bace
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。