上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 負けたら、監督はクビ、選手は玄界灘を泳いで帰らなければいけない、背水の陣の韓国国家代表が、シュートがDFに当ってゴールするという幸運にも恵まれ、ゲームプランの最上のストーリーで勝ちきった・・・という試合で、日本の「ちから」からして、こんなもんだ、そう悲観するものではないと思うが・・・? 
 一方日本は、この4連戦は、シーズン当初の「試合勘」戻しのような取り組み方で、今夜も所謂岡田組ベストメンバー。 しかし、それ以上のインセンティブやモチベーション・ゲームプランがあったとは思えない日本で、皆さんはそこが不満だし本大会が心配というか、期待できないんでしょうね。
 さて、試合展開は予想通り。 岡田組としてはいい立ち上がりだったのですがね。 戦える大久保が早々負傷退場という不運はあったし、負けていて一人少ないのにOMFに替えて、兄元とスピードに弱く、ビルドアップ能力の無い、それも試合勘のないCBを出すという、采配の愚挙が無ければ・・・、もう少しマシな後半になって、崩せる攻撃が出来たと思う。 韓国の、後半早々のバーに当ったシュートと、キャプテンの退場で、流れは日本のはずでしたが・・・。
 ここまで来たら、監督交代など更なる愚挙は止めて、コンセプトは忘れて、オプションなど無しに、「ガンバみたくやろうよ」で、『遠藤ジャパン』の『摺りあわせと熟成』を進めて本大会に乗り込むしかないでしょう。 それでもルーカス役がいないなあ・・・前田なんだけどね出来るのは・・・メンタルかな問題は。
 毒薬でなく劇薬「本田」の使い方も肝心です。 中村俊か本田か、ではなく、内田か本田か、だと役割と機能からして思うのですが。
 それと、一人目の動きを囮にしたした二人目の動きの連動性がまったく視られないのは如何したものか?。 これは、コンビネーションの練習(熟成)で積み上げるしかないでしょう。 誰か教えてあげて欲しい。 あとは、戦える選手を使うことです。 
 でも韓国のやり方が、リトリートからのロングボール、一方攻撃の基点への集中プレスなど、昔の磐田・今のガンバを相手にするときの鹿島のやり方と似ていて苦笑しました。 あの韓国CBの演技もね・・・。
 ということで、クビの懸かった真剣勝負はやはり面白いし、有意義です。 国内組みどおしでいいので月に一度は韓国とやりましょうよ。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/567-456aec56
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。