上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日は、水戸の開幕戦を観に行く予定でしたが、又悪天候で断念。 久しぶりに午後から中継の「はしご」をしました。
 でも、早い時間の、磐田vs仙台 FC東京vs横浜FM 広島vs清水 は、見事なほどつまらなかったですね。 かつての栄光のパスサッカーから劣化しただけの磐田は、ミニ鹿島的仙台に負けるし、去年の山形といい苦手な方角があるんでしょうか。 FC東京戦は平山の終了間際のゴール、清水がやはりロスタイムに追いつく、という新聞ネタはあったものの、両試合・両チームとも、今年は何がしたいのか・・・疑問符がつく、低調な眠くなる内容でした。

 水戸と、鹿島の茨城勢の試合が同日・同時間の開幕日程は、下手な商売ですね。 水戸は日程調整してもらえばいいのに。 ということで、前半は水戸のみ、後半途中から鹿島を時々見ました。
 水戸は、荒田・高崎・菊岡と攻撃の軸が抜け、入団も学卒中心でどうなることか、と想いましたが、
 「まず選手個々の特性を知り、個の集合体としての11人がどのような形になるのか、これを見極めることこそが重要になる」
 という監督の原則が上手く運んだのか、常に「縦・速」を意識しつつも、昨年のような「個」の力のみ依存した放り込みに陥らず、こじんまりとまとまった学生みたいなチームですが、サッカーをきちんとやろうとしています。 これから勝てるかどうかはさておき、今日は、内容通りの結果だったと思います。 今年のJ2は36試合しかないので、上手く「勝」をつかめると、意外なチームが昇格の3番目に滑り込むかもしれません。
 鹿島は最後の10分くらいのアナと解説者の話での想像ですが、いつものとおり勝ちきったようですね。 監督イチ押しの遠藤が、最後いい走り込みとアシストをしました。 今年もこんな展開なのでしょう。

 さて最後は、ガンバ大阪対名古屋の試合(試合の詳細はこちらから・・・
 非常に「タクティカル(戦術的)」に面白い試合でした。 名古屋は、ケネディを中央においた433で、ポジションと役割、ビルドアップのルールがが明確です。 今年も大型補強をしたようなので、こういった「型」から入るやり方が良いのかのしれません。 その中での「個」の「力」・・・。 ということでは、2得点とも思い通りだったようですね。 ある意味「南米型成熟」の鹿島、「欧州型形式」の名古屋、に勝てなかった「日本型ガンバ」です。 今日も、名古屋のゾーンディフェンスを崩そうと「あの手この手」を駆使していましたが、とうとう流れからは3試合無得点ですね。 代表なら監督解任コール(笑)・・・。 次は「自由形(アフリカ?)」セレッソですが、どんなもんでしょうか? その前にACLがありますが・・・。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/574-b65153de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。