上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 試合の詳細はらから・・・
 兎に角、日韓王者対決に値する、好い試合だった。
 お互い策を弄せず、自分のやり方で、最初からのフルパワーのガチンコ勝負。 最後は、小笠原の3人相手のボール奪取・連動した遠藤の「ナナメ前への走りこみ」・素晴らしいトラップ・落ち着いたシュートと、見事なゴール。 鹿島にとっては久しぶりというか、この3連覇の中で、一番闘った試合ではないでしょうか。 玉際の競り合いで対等以上でした。 上から目線では、戦術・技術・個の力など、色々粗捜しは出来るだろうけれど、今夜は「生身の人間が闘う試合」でしたね。 勝ちたい・負けない気持ちはお互い同じ。 決して「ゲーム」ではない。 こういった本気勝負を週一続けていかないと、「強く」はなれないでしょう。
 でも、鹿島のチーム造りの上手さは、1人/年、「一人前」にすることでしょう。 内田・興梠・青木・伊野波と少しづつ新陳代謝・層を厚くして、そして今年は遠藤のようですね。
 先日の大宮の試合といい、チームとして闘う姿はいいものです。 だからサッカーはやめられない。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/576-cc623554
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。