上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事から続きます。  74年WCオランダVSスウェーデン戦ページ  メンバーと布陣は前の記事で・・・。

 前半のオランダは、この記事の映像にあるように、自陣で相手ボールを奪ってからの速攻が、クライフの才能と、他の選手のそれを信じた長い距離の走りによるゴール前への飛び込みで効果的でした。

 これは、前出映像には無いシーンで、相手が崩しにかかる処でボールを奪い、反転一発のパスで裏に抜けたクライフを倒して止めたCBが警告を受けたシーンです。
nthswe010
(1)スウェーデンDFから (2)MFを経由して (3)サンドベリ(緑)へクサビが入るが、マーカーのシュルビア(茶)が、後ろから上手く厳しくタックルしボール奪取、(5)(6)引いてきていたKaizar(カイザー)が、裏抜けするクライフの前に絶好のスルーパス (7)倒したCBが警告 シュルビアのフェアでかつボールを生かしたタックルが見事です。

 しかし、遅攻の組み立てはいまひとつでした。 これは開始早々ですが、(1)ゴールキーパーからボールを受けたハーンが (3)ドリブルでもち上がり、さあ攻めよう・・というところですが、
nthswe001
(4)クライフが引いてきて (5)ボールをよこせと指示 (6)中央から仕掛けようとしますが (7)エドストレムのディフェンスに引っかかり (8)あわやカウンタ・・・
 立ち上がりは、このように、中盤の低い位置までクライフが引いて、そこから攻めに入る形が多く、スイーパーのハーンが、ビルドアップの基点、及び組み立ての過程ではあまり機能していません。

 前半半ばから、他の選手に促されるようにハーンもあがってくるようになりましたが、こんなシーンもありました。
(1)右サイドからの攻めが逆サイドに流れ、クライフがキープ (2)中央を上がってきたハーン(赤)へパス 
nthswe007
(3)ハーンはノーマーク、この時オランダの選手は相手陣エリア近辺に8人いる (4)オランダの選手が(桃)他崩しの動き (5)ハーンは右外のレップ(青)へパスし、中央へ走りこむ (6)レップはワンツーの形で中央へリターンパスを送るがこれがミス (7)スウェーデン選手に渡り反転速攻、この時レップはあわてて自陣に帰ろうとダッシュ開始 (8)右でフリーだった(黄)にパスし、一気にドリブルで攻めあがる 、レップ(青)クライフ(橙)が全速で追う
nthswe008
(9)クライフが追いつきディレイし、その間にレップ(青)ハーン(赤)が戻る。 (10)スウェーデン(黄)も上手くかわし、右サイドを駆け上がる選手へパス (11)レップがこれに先に追いつき (12)キーパーへバックパス
 ミスのカバーに喘息で戻ったレップはさておき。 ハーンのプレー選択として、これだけ相手ゴール前に人数をかけて押し込み、後ろは同数しか残していないリスク大の状態で、密集した中央へ不確実なパスで突っ込むのはいかがなものか? 又、ハーンに替わって下がる選手もいませんし、チームでも出来のいい成熟したプレーではありません。
 また、スウェーデン(黄)を一度ディレイした際、オフサイドトラップを掛けるということはしていません。 スクランブル状態ゆえか、それともオフサイドトラップはサイン(コール)プレーで、こういうときは安全第一なのでしょうか。
 
 続いては、相手陣でプレスをかいくぐられた後ですが、必ずオフサイドトラップをしていたわけではないようです。
nthswe011a
(1)オランダGKのキックからのプレーです。 (2)競り合いでこぼれたボールを (3)(4)さらに奪い合いになり (5)結局オランダはボールを奪えず、フリーのスウェーデン選手の前に流れる (7)ダイレクトでスルーパス、この時ハーンは上がってきて裏へパスを通される (8)3対3で、中央のサンドベリ(緑)とシュルビア(茶)の競争になるもシュルビアがクリア。
 一番手前を走っているのがクロルですが、とてもアヤックス流の「ハーフウェーラインを守った」とはいえません。 やはりディフェンスリーダーのハーンが問題なんでしょうか?

 ここでボールを確保したシュルビアはサンドベリを徹底マークし、上の図でもボール奪取からカウンタと、ほとんど「勝って」いました。 サンドベリの速さに負けず、特に裏に抜けるボールからのチャンスは作らせませんでした。
 前半終了間際のプレーですが、オランダは、サイドチェンジのミスからカウンタをうけます。
nthswe014
(1)右サイドからクロルへサイドチェンジのボールがくるが (2)マークされていて、競り合いの結果 (3)ボールを奪われ (4)ハーンの脇を抜けるスルーパスを出される (5)ここもサンドベリとシュルビアの1対1 (6)今回はサンドベリが先に触って (7)前へ押し出すが (8)ボールがやや長く、シュルビアが体を入れゴールラインを割る
nthswe015
バックスタンドのお客さんはオランダファンでしょうか拍手してました。 大声で何か叫ぶシュルビア・・・「もっとしっかりせい!」とでも言っているのでしょうか?

 さて、前半はカウンタに攻められることも多いオランダですが、後半はやや修正してきます。 その辺は次回にて。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/590-1bc74332
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。