上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 公私でイベントが重なり更新が延び延びでしたが、74年オランダ&西ドイツを簡単に纏めます。「記憶と錯覚の物語」は「今昔物語」へ変更です。
 
市販されているソフトで、74年WCのオランダの試合をフルタイムで視ることのできるのはコレですね。 もう廃盤のようで、Amazonでは、新品は売られておらず、中古で12800円だそうです。
Number DVD サッカー世紀の名勝負 オランダ VS ブラジル FIFA ワールドカップ 1974Number DVD サッカー世紀の名勝負 オランダ VS ブラジル FIFA ワールドカップ 1974
(2001/09/21)
サッカー

商品詳細を見る

 2次リーグ オランダ vs ブラジル 記録はこちらから・・・

 以前にも載せた、10分程度のハイライトです。 プレーより、お互いの「削りあい」シーンが多く少々興ざめです。 というか、お互い何回かの唸るような突破シーン以外は、ボールの奪い合いの局面が多いのも事実です。

 このダイジェスト、5分30秒くらい、ハネへムの早いFKリスタートから、引いて待っていたブラジルDFのギャップに入り込んだニースケンス・クライフのワンツーからのゴール。 7分10秒からの、最初のクサビはオフサイド?とおもわれるが、オーバーラップしたクロルのセンタリングからのクライフのゴール。 確かに素晴らしい・・・。 この二つが「記憶」に残っていることも、74オランダが伝説になった所以でしょう。
 私としては、70年WCの「楽しい」ブラジル(リンク)がこんなになったほうが驚きというか、残念だったですが・・・。  

 さて、ネットにフル動画がありました。前半が30分しかないので、どうも最初15分が切れているようです。 これに最初の10分だけのものを足して・・・5分間は空白ですが。 この時間帯の中身は濃いのですがね・・・、後半はフルタイムです。

最初の10分


15分過ぎからこの後はフルです。






後半・・・先取点は4分20秒ぐらい

追加点は8分30秒くらい







Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/597-89cc45b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。