上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 水戸vs草津の詳細はこちらから・・・ 現地観戦
 世の中はワールドカップ一色ですが、J2も今日までやっています。

 土曜日は甲府相手に2失点して、尻に火のついた「自称バルセロナもどき千葉」が、力技で同点にしましたね。 「ともに行こうJ1」なんて談合かよ!(笑)。 お前だけは行かせない・・・って迫力が欲しいものです(爆)。
 さて、水戸は北関東ダービーのホーム草津戦です。 北関東3県の垢抜けない「ゆるきゃら」マスコット(写真リンク)も集合。
 試合は、J2スタンダードの4・4・2ブロック・コンパクト潰し合い、タテ裏狙い合戦が後半途中まで続きましたが、中盤にスペースが出来始めると、水戸がサイドチェンジからSBが攻め上れるようになり、前半のCKからの1失点を追いかけます。
 そんな流れから、右SB藤川の切り込みから得たPKは、吉原がなんと外してしまい場内意気消沈。 終了間際まで水戸が押し込み攻め続けますが、決定打が出ずで今日は無得点敗戦か・・・というロスタイム、前線に上がった大和田真史が、トップの落としたボールをファーサイドポストに当たる同点シュート。 選手も一気に上がった気温でキツイ条件だったと思いますが、お客さんもまあまあ満足。 大和田はGK本間と並び、クラブの顔ですね。 
 草津は知った名前が一杯。 ごつい松下裕樹が、アンカー的に「跳ね返し」役でがんばってましたね。 廣山望は、後半スペースが出来始めても、あまり存在感は無かったです。

・さて、ワールドカップですが、やっぱり、質を考えると気候のいい時期にやるもんですねサッカーは。
GKがやっぱり背が低いメキシコと、コレ一本に賭け練習してきました・・・のカウンターが決まった南アフリカの開幕戦は面白かった。
・でも、あのブルセラ・いやブブセラの音は本当にウザッタるい。 まるで「蠅が群がって飛ぶ音みたい」!。
・メキシコの選手は、フランコはじめベテランの強面、若手のチンピラさなど、いつみても「マカロニウエスタン」の「悪役」「敵役」集団を観るようです。 その中で一番の悪役顔が「アギーレ監督」(写真リンク)まるで、悪役の保安官か牧場主みたいです。
・5バックのウルグアイになすすべも無く引き分けたフランス・・・。 この組は予想通り引き分けでした。 ハンドをPRするアンリに爆笑!
・いやあアルゼンチン楽しい・・面白い・・・マラドーナ監督いいですねえ。 あのどうみてもマフィアの末端組織の小ボスにしかみえないスーツ姿で登場し大笑い。 試合中もたっちらいんを割ったボールをリフティングで選手に返してました。
 そしてやっぱり戦術はメッシ。 試合後のインタが最高でした。 リンゴをかじりながら、「どうだ、メッシがたくさんボールに触って面白かったろう・・・」って、何処か次元が違うお祭り男。 反・アンチフットボール(笑)。 フットボールのために優勝、いやベスト4まで楽しませてほしい、負けてぶちきれるインタも聴きたい(爆)。 TVもメッシとマラドーナしか映さなかったような・・? これじゃ、他の選手、イグアインもテベスも本気でゴールを取りにいきませんね、メッシの突破が良かったから・・・ではねえ(笑) 前線からの守備もあったもんじゃないDFも負けたらお前たちが悪い・・・になりそうで・・・お祭りではそういう異常な緊張感が必要です(笑)。
・生真面目な者どおし「イングランドvsアメリカ」。 朝起き抜けに見るにはいい緊張感。 布陣もプレーもガチンコ、かわすとか騙すとか一切無し、倒れるまで走ります・・・男のスポーツの証明! ・・・それが一転、毎度おなじみイングランドキーパーのチョンボ・・・でもここで出てしまって良かったね(笑)。
・最後に、何か悪いものでも食べたか?の、調子の悪いギリシャ相手といえ、完勝の韓国。 日本の壮行試合の苦戦は、単に韓国が普通に強かっただけなのですね(苦笑)。 いや「青」には強い韓国?(笑)

・最後に日本・・・。 キャンペーンかと思うほどネガティブな報道が多いですねえ。 アンカー的選手を使うべきと思ってましたが、それは、あれほど効率とバランスの悪い前掛かり無駄走りプレスを、リアリズムに落とし込む手段。 しかし、ここに来てブロック守備・ファーストポジションなどという言葉を頻繁に聞くと、選手の混乱のほどは如何なものか・・・と?
 まあカメルーン戦を視ましょう。 やるのは選手ですから・・・頑張って下さい。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/635-7aa3041b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。