上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 定例なので『神雕侠侶』も地図を造ってみようと思いましたが、金庸作品の中でも架空の場所が多いので、これくらいしか描けませんね。

 sinntyou01

 しかし、和訳本の地図の『終南山』の場所は、上図の通り、「華山より南東」になってましたが、グーぐるや百度で調べると、西安市街からへ約15km、秦嶺山脈の端にあたる・・・となっています。(百度リンク)(中文Wikiリンク) え?和訳本の地図違うじゃない??ともっと調べたところ、百度知道にこんな記事(リンク)や、こんなページ(リンク)あり、終南山は、間違いなく西安の南の山のようです。 正しい終南山の位置の地図です。
 sinntyou02

 更に調べたところ、全真教の開祖、あの王重陽の『活死人墓』は、実在するんですね。(王重陽wikiリンク
 そして、その『活死人墓』の現在の姿を撮ったHPがありました。(リンク) 写真をチョコっとお借りしてきました。
sinntyou03
 全真教なるもの、もっと喰いついてみたくなりました。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/660-9cb2b617
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。