上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 水戸1-2岐阜 試合の詳細はこちらから・・・ 現地生観戦

 無料で配られたK’sデンキの団扇が盛んに揺れるスタジアムでした。 同じ団扇はずいぶん家に在るね・・・(笑)。 で、一番の見物は水戸が世界に誇る「野村花火工業」協賛の、ハーフタイムのスターマインでした。 試合は、暑さ故かミスが目立つし息切れは著しいし、特にJ2になるほど目立ちます。
 水戸はこの試合、大橋をボランチの位置において、右に森村(左利き)、左に遠藤(右利き)、トップがポスト型の片山ではなく、常盤が吉原のパートナー。 木山監督の、もっとポゼッションを・・・という狙いの具体化かと思います。 しかし、前半からミスとコンビネーション不足、セカンドボールが奪えずとペースがつかめず、あっさりカウンターから裏を取られ失点。 その後持ち直すが、ラストパス・クロスの一つ前までで、ミスやボールロストを繰り返し、散々な出来。
 花火の効果か、後半キックオフからのロングボールを、うまく繋いで吉原が流石の同点ゴールを決めるも、勢いがつくわけでもなく、あっさりDFのミスで失点。 その後はお互い暑さで疲労。 運動量というより、ミスが多発。 水戸の交替選手もクオリティが更に下がり、最後に入った片山のポストが一番有効という、皮肉な結果。
 昨年は、高崎・荒田・吉原+菊岡という、前線任せ、前後分断の潔い面白さだったが、今年はどうもイライラする内容が続きます。 ミスやボールロストも積極性の結果でなく、あああ・・・という感じです。 ハーフタイムにやった地元町内会の太鼓が一番元気だったりして・・・。

 さて、他の試合は、土曜日は清水戦、名古屋戦を断片的に観戦。
 清水1-2横浜FM 鹿島にせっかく勝ったのに、ここで負けちゃイカンでしょ、清水さん。 俊輔さんはやっぱり「止まった球を蹴ったら一流」でした。 岡崎は同点ゴールは流石いい所にいたね・・・でしたが、後半裏すり抜けの同点ゴールを決めれば、新生日本代表でもまずファーストチョイスですが・・・。 決め切れなかったのは、シーズンの最後効いてきそうです。
 名古屋3-1浦和 日本のビッククラブの地位は、闘利王とともに、三菱からトヨタへ移ったようですね。 サッカーの内容、選手の質、勝ち方も名古屋が上です。
 鹿島は、新潟戦に続きFC東京戦も、これまでは勝っている試合を引き分けにしてしまったようです。 ガンバの足音も聞こえてきました。 涼しくなったラストスパート時期に5チームくらいが勝点5差内で競っていそうです。 今年は何処もACLが無いので、条件は同じ。
 最後に、今夜帰ってから東京Vの最後30分を視ましたが、このクオリティの高さは何なんでしょうか・・・。 セレッソ(余談ですが家長は小笠原に似てきたね)と並び、「暑さに強いのはシンプルポゼッション」なんでしょうが、やっぱり、勿体無いですね。 関西の「紫」のチームは中身を、優勝したユースも一緒に総とっかえしたらどうでしょうか?
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/663-dab58ea2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。