上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日は祝日でお休み。 NHKの「ゲゲゲの女房」を視ましたが、竹下景子さんや古手川祐子さんが、お婆さん役を無理なくやっているのには「時の流れ」を感じます。

 さて、サッカーは土曜日は久しぶりに生観戦。 水戸vs富山戦・・・結果はこちらから  にK'sデンキスタジアムへ行ってきました。

 スタジアムで買った、コラボ商品「ホーリーホック牛乳」のパッケージです。 小中学校の給食用がメインの販売で市販されていない(はず)です。 レアグッズ! 
holygyou001
 「強いカラダと、負けないココロ・・・」うむむ・・・いい文句ですね。 でも、心と体はともあれ「技」は無しですか・・・?(笑)
 さて、試合は、開始早々水戸が、富山の守りが甘かったのもありますが、ファインゴールで2点先取。 1点返されたものの、追加点を上げ、後半は富山の人を掛けた反撃を抑え勝利。 お客さんが、運動会(小中学生とその親がほとんど来ていない)・稲刈り・鹿島戦と重なり少ないのは残念でした。

 結構TVでは内外の試合を視ていますが、以下一口感想

*Jリーグ 最新順位表は J1はこちらから  J2はこちらから

 J1名古屋初優勝の眼の上のタンコブは、季節も日程も余裕の出る鹿島でしょうが、11/7の大一番鹿島アウェー戦に、勝点差がいくつで臨めるかでしょうね。 夏場の各チームのパフォーマンス低下は、省エネ型・個人能力依存の名古屋に吉と出ましたが、残留争いも本格化するこれからが正念場です。
 下のほうは、湘南・京都は厳しいでしょう。 そして3番目は、降格争い慣れしている大宮・神戸より、免疫の無いFC東京が危ないと思います。 ただ、大熊さんのほうが単純で上手くいくかも・・・。

 J2は、リアリズムと若手中心の用兵の妙で独走の柏は決まりとして、あと2チームは混戦になりそうです。 チームもサポーターも御付の評論家(そういえば、ジェフのバルセロナ化はどれくらい進んだんでしょうね(笑))も、最初はJ2を舐めていた感の強い千葉は、あと数年J2で修行となるかもしれません。 福岡・柏戦と連敗した千葉を視ましたが、「一生懸命サッカーやっていればいいや」みたいな甘さがプンプン。 福岡のひたすら「キックアンドラッシュ」+ガンバリズムのほうが好きです。 高さの大久保やここ一発の城後は「好」!。 九州が1チームはJ1に居て欲しいです。
 柏は、残り6試合の10/31(日)の水戸アウェー戦あたりで決めてしまいそうです。 水戸は11/28(日)に甲府戦がありますが、この辺も決まりどころ。 去年の仙台・湘南と続いてきた「水戸アウェー戦が昇格ゲーム」(御見送り)というジンクスが今年も生きるでしょうか・・・。

*ブンデスリーガ
 長谷部に加え香川・内田と移籍したので、久しぶりに視ています。
 ドイツ協会の「どのチームも同じようにやるように」というお達しでもあるのか、戦術は画一的であまり面白くありません。 オフェンスアイデアも南米系選手以外乏しいし、ましてDF組織の脆さは格段のものです。 シュートシーンが多く、点が沢山入るのは面白いですけれどもね。
 お前ら他にやることが無いのか?、と思うほど客が良く入るのは相変わらず。
 そんな中、香川の技術・アジリティは「上手く使ってあげたら世界一流」ですね。 今後の代表も、香川をどう使いこなしていくか、が一番のポイントでしょう。 無駄に走らせたり、サイドに張れとか戦術的に使ったり、守備を強いたらいいところが出ません。
 長谷部は、居るとなぜかチームが落ちつくのが不思議。 代表では、外国語がちゃんと喋れるという点でも外せないでしょう(笑)。
 内田は怪我でお休みですが、去年と面子総とっかえのシャルケがCL含め開幕5連敗、とマガト大丈夫?・・状態なので、そっちが大変そうです。

*セリエA
 チェゼーナ長友の、ミラン戦・レッチェ戦と視ました。 ミラン戦は、インザーギの名人芸シュミレーションに引っかかるも、イブラヒモビッチのポストを狙った正確なキックに救われ、レッチェ戦も、味方を退場させてしまうファウルを取られるも、相手の拙攻や退場にも助けられ、チームは2勝1分と幸先よい出足。
 FC東京の「運」を全部持って行ってしまったような活躍ですねえ。
 相変わらず、上位は「最後は個の力」下位は「組織的DF&カウンタ」という図式が良く視える数試合でした。

*CL・EL
 聞いたことも無いチームを中心に(アリス・サロニカ・プルサルポル・ローザンヌ・カルパティとか・・・)、流し視しています。 アリスなんて、選手の名前、応援の盛大な紙吹雪、チャントのリズムで、ここはアルゼンチンかよ・・・と思いました。 カルパティのあるリヴィウ(wiki)なんて、歴史的に複雑な都市ですね。
 CSKAの本田ですが、現地での使われ方はさておき、代表ではWCのように、前線でのポイント&一度消えてフィニッシャーという役回りが良いんでしょう。 基本は前線の脇役に徹するように動いてもらい、FKやインタで発散させてあげれば上手く機能するかもしれません。

*日本代表
 普通に新代表監督の仕事をこなしているようですが、10/8のアルゼンチン戦に、どんな姿で(もちろんチームが)現れるかです。 相手が強すぎるというか、「型・色」を出しにくい相手です。 次の韓国戦のほうが注目ですね。
 アルゼンチン戦に、チェゼーナみたいな4141のドン引きカウンター型で出てきても、やっぱりか・・・と驚きませんが、逆にドルトムントのような、ハイライン4231前プレ型で来たら、まず結果を問わず拍手してしまいそうです(笑)。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/671-79b9de83
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。