上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Jリーグ大東チェアマンのJリーグ改革関係の談話記事がありました。(リンク) 日程・ベストメンバーなどとともに、前に私も書いたことのある、この話が気になりました。

 アジア戦略も見据えて(現在は認められていない外資企業のクラブ経営も)考えていいと思う
 一気に経営までとはいかずとも、「アジア系のスポンサー取り込み」はもっと努力してもいいんではないでしょうか。 ということで、柏・横浜FM・名古屋・京都などすでにグローバルな企業(もっと支援下さいね)はさておき、お勧めのスポンサー候補を・・・。

・千葉・・・ 包頭鉄鋼公司(中国・内モンゴル)<リンク> 
 名門親会社はどうも頼りにならないので、ここは心機一転。 地元には同業のJFEがあるも、あえて今話題のレアアースでも利権を持つこの会社に・・・<リンク>
 大地の子の陸一心が、一時上海宝山鉄鋼から左遷されつつも成果を上げた製鉄所のモデル。 そして、日本で実習したのは木更津ですね。

・東京V・・・ TVB(香港)<リンク>
 某マスメディアが手を引いた今、頼りは大陸にも力のある無綫電視Gで・・・。 武侠フットボール・少林サッカーの始まり!

・FC東京・・・ ペトロナス(マレーシア)<リンク>
 ENEOS亡き後、瓦斯繋がりで・・・。 実はマレーシアは、日本の天然ガスの主要輸入先で、その元締め国営企業です。 毎日お湯を沸かすたび、スポンサーに感謝!

・清水・・・ COSCO(中国遠洋運輸(集団)公司)<リンク>
 清水といえば「港」。 といえば、海運業。 今のスポンサーは、乙仲さんですね。 OOCLEVERGREENでもいいですけれど、ここは急成長のCOSCOで・・・。

・磐田・・・ Tata Moters(インド)<リンク>
 どうも親会社が頼りなくこっちこそスポンサーが必要。 なのでここは、30万円自動車で話題となった「タタ」へお願いしたい。 隣のスズキさんが黙っちゃいないかな(インドではライバル)

・福岡・・・ LG(韓国)<リンク>    アシアナ航空(韓国)<リンク>
 殆ど韓国経済圏の福岡。 Kリーグには直接出資していないLGと、九州温泉の旅の「翼」アシアナ航空でで一気にビッククラブ!。

・札幌・・・ カンタス航空(豪)<リンク>
 北海道は、オーストラリアでは真夏にスキーが出来る憧れのリゾート。 ここは、福岡に対抗してそのフラッグシップと組みましょう。 農水産物の輸出先としても有望です。

・水戸・・・ 春秋航空(中国)<リンク>
 百里基地のアルバイトの茨城空港に乗り入れている、立ち席なんてとんでもないアイデアも出す格安航空会社(LCC)。 お互い知名度を上げるためにも、是非・・・、スポンサー料も低コストでよかっぺ(笑)

 と、色々考えていたところ、このニュースが・・・。
 『横浜との交渉打ち切った住生活G 「サッカーの鹿島アントラーズの応援を強めたい」』(リンク) ネットも盛り上がってオリマス(笑)。
 住生活Gは、トステム・イナックスが合併して出来た持株会社(リンク)。 その新ブランド名が「LIXILなんですが、球団買収計画はこのPRが目的のようです。 トステムはJ立ち上げ以来の鹿島のメインスポンサー。 ここは、横浜の買収資金の10分の1でも出していただければ・・・カカが(爆)。

 住宅機器産業は典型的国内市場型。 内弁慶といわれる鹿島とは相性がよさそうですね(笑)。 

 まあ、Jリーグ自体の「市場価値」が上がらないことには、スポンサーなんて夢物語なんですが・・・。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/689-87c00106
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。