上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 まず余談から・・・ 三国志の新版ドラマが10月末にレンタル開始(TSUTAYAリンク)
 DVDBOXも12月発売
三国志 Three Kingdoms 前篇 DVD-BOX (限定2万セット)三国志 Three Kingdoms 前篇 DVD-BOX (限定2万セット)
(2010/12/10)
チェン・ジェンビンルー・イー

商品詳細を見る

 公式HPも出来ております(リンク)。
 これで、お正月はドラマ三昧が決まりでしょうかね。 ピーター・ホーの呂布だけは、納得いかないんですが(笑)。 とにかく、ヒットして欲しいものです。 そうなると色んなドラマが入ってきそうですですから・・・。 

 さて、こちら龍票もDVD8枚目。 ここまでで、登場人物の立ち位置、性格なども明確になってきて、この辺からは終盤に向かっての物語の積み重ねというところです。
 MAXAM・HPの予告編1 その2 その3  TSUTAYA・HP  百度  中国サイトHP その2
 主要なキャストはこの記事と・・・  このページから・・・

ネタバレ満載ですので以下つづきで・・・
ryuu065
 祁夫人亡き後の祁家は、宝珠が仕切っていくこととなります。 やっぱり、素梅お嬢様はこういった「家事」は無理なのでしょうかね。 その素梅さん、前世の因果で地獄に堕ちるぞ・・・などと、道姑に脅され益々落ち込んでおります。 二人の子は、「立場が違う」ことを判ってしまい、喧嘩の毎日。
 ついに、素梅は子俊が持っていた潤玉のお守りをみつけ、無言で子俊を問い詰めます。

 商売のほうは、太平天国が北京にも迫り回りは大混乱。 子俊は、江寧(南京)で預かった国税を太平天国に奪われたことを、恭親王に報告しますが、もちろん「3ヶ月以内に何とかしないと、祁一族死刑だ」と脅かされます。
ryuu066
 余談ですが、権力の走狗、へつらって権力の言うがままに動く輩を、鷹狩りの犬に例え「鷹犬」というのだそうですね。
 そして、子俊と蘇先生が行き着いた対策は、太平天国から、「銀」の替わりに返却された太平天国製「銅銭」を改鋳して、清朝の貨幣にしてしまおう・・・というこれまた贋金造りという究極の犯罪です。 鋳造には太平天国の丞相に一役かってもらったようです。
 家驥を、運搬や店からの流通に使って、欲深いの上海道台も巻き込んで、計画は進みますが、
ryuu067
 とっても3ヶ月では間に合わない・・・と、 
 なんと、太平天国に頼んで上海を襲ってもらい、取り付け騒ぎにして、一気に贋金を放出してしまいます。
ryuu068
 その頃、太平天国では内部抗争が激化し、あの丞相も滅せられます。 席慕筠は失望を深めますが、太平天国と運命を共にすると覚悟します。

 さて、見事に税金を回収し、官職を戴く子俊ですが、恭親王は、「お前の行動はお見通しだよ」といわんばかりに、太平天国の内輪もめ、黄尚書、道台の裏話を、謎かけ・突っ込みます。 そして、最後に褒美として下賜されたのが、例の「偽銅銭」。 青くなり、冷や汗の子俊。
ryuu069
 やはり、恭親王は「狼」の群れとは次元の違う「鷹」匠で、子俊はどんなにあがいても「鷹犬」なのでしょうかね。
 そんな折、北京の色街で、黄尚書に捨てられた雪雁に出会ったり、潤玉の父が残した「掛け軸」に、父が消された、瑞親王と黄尚書の公金横領事件の真相が書かれていたり、少しづつお話は展開していきます。

 まあ、京劇のコスプレで写真を撮り合うなんて、のんびりしたシーンもありますが、なんと、素梅が山西から北京に出かけてきます。 そこで、偶然、街を楽しそうに歩く子俊と潤玉を見かけ、全てを悟ってしまいます。
ryuu070
 この辺にしておけばいいのに素梅は、潤玉の劇場へ出かけ、子俊が潤玉に「花」を贈るのを視てしまいます。 そうしてそのまま山西へと帰ります。
 子俊も素梅に気がつきますが、放置。 この先どうなっていくんでしょうかね。
ryuu071
 子俊は黄尚書のバカ息子とチキンゲームをして親友になったり、自分では「良くやっている」つもりで、子俊に冷たくされていると思い込んでいる家驥は、兄弟喧嘩を煽り、変な事を刷り込んでいます。

 というところで、ここまでです。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/694-643210bc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。