上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 年末色々重なり、天皇杯準決勝はフルで視られたのが昨夜。 それも清水戦はトビトビで・・・ということで、

鹿島 2-1 FC東京
 「やっぱり天皇杯はお祭りだ」と思わせてくれそうだったFC東京ですが、延長ロスタイムの本山の一発のパスで撃沈。 今年は終わりで、ただのJ2・20チームのひとつ・・・という’11年の始まりです。
 鹿島の出来は、修正が効いたという点で、今年の中では良い方だったと思います。
 平山のイブラかよ・・・というテコンドーシュートの先制点は、これで「FC東京祭り」かと思いましたが・・・。
 前半は立ち上がりのチャンスはさておき、FC東京の中央四人(今野・森重・米本・徳永)+キムヨングンという、足元・対パスでは高レベルのディフェンスに、攻めの組み立てが何も出来ず、FC東京左サイドからの速攻めに圧倒され気味だった鹿島ですが、
 ・攻めが上手くいかないならまず守りから修正と、後半開始から大岩に代わり青木を入れ、伊野波を右にして、FC東京の左サイドをケアし、結果的に前半よりは左から崩されなくなり、逆に起点になった。
 ・交替で入った本山をトップ下に置き、鹿島の攻めが急に活性化しだしたのは横浜FM戦と同じ。 大迫をFC東京のウイークサイドの「左」を基点に動かしたのも効果的。 これで、FC東京の唯一の攻め手「勢いで前へ」を殺す。 
 ・ストロングにはストロングでと、黄色をもらっていた米本をターゲットに、バイタルエリアを「ドリブル」で再三攻め退場させる。 ストロングポイントの選手を退場に追い込むのは「消す」最強の手段。
 鹿島とすれば、大竹を後半同点後すぐとか、速いタイミングで使われたら、もっと守備陣は混乱したと思います。 FC東京は、10人になった後、平山を引き気味に使っていましたが、もしそこでボールを奪っても一気にカウンターとなるようなパスが出来るわけでもなし、自分で持ち上がれるわけでもなし、鹿島の長身選手対策も不要なわけだし、10人でも勝ちに行くのか、耐えてPKなのかあやふやな延長戦の用兵といい、ベンチの臨機応変さが欠けていたと思います。

 鹿島は、勝ち越すには個の才能で何とかするしかないのですが、この中途半端な用兵で左MFの位置にいた平山の裏から入り込んだ大迫に、本山の「才能」のパスが通って・・・終了。
 決勝点がラストプレーと、お祭りみたいな展開ですが、内容はいかにも鹿島的「目の前の現実に如何に上手く対処して結果を得るか・・・という日常性」の勝利。

清水 3-0 G大阪 
 こちらは視ていないのですが、遠藤が不在なのに「いつもの通り」にやろうとしたガンバが「やって」しまった・・・のでしょうかね。 清水は「メンバーが揃えば」のタラレバが実現したのですから、優勝のチャンスです。

 決勝戦は、レギュラー7人それも前線は全く居なくなるチーム分解のラストゲームとなる「清水祭り」が爆発して、3-0とか4-1の大差で伝説の勝利となるか、お祭りを遠巻きにする「警備隊」みたいな鹿島が、2-1でシブトクものにするか、面白そうですね。

 最後に雑談。
 それにしても、猫も杓子もブンデスリーガですねえ・・。 細貝・岡崎・そして槙野もですか・・・。 何か、化粧品や健康食品の「無償サンプル」みたいだ、という記事を見かけましたが、興味を持ってもらえなければ「無償」でも持ち帰ってもらえないのですね。  数年前の、スポンサー付きレンタルで「送り付け」ていたのとは異なるようですが、ブンデスリーガはEU外外国人枠が無いので、美味しそうだから無償ならどんどん貰ってしまえ・・・というのがホントのところでしょう。
 そして、清水分解や海外移籍で選手の所属が発表時とガラッと変ってしまうアジア杯代表ですが、天皇杯や移籍の事情で、殆ど全員での練習の機会が無いので、相当苦戦するでしょう。 下手したら一次リーグ敗退もありうると思います。 集まって並べただけのチームをどう動かすか・・・という監督の手腕がみたいものです。

 今年は、ここまでです。 来年も良い年になりますように・・・。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/711-8be46e96
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。