上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いかに「問題社員」を管理するか (HBRアンソロジーシリーズ)いかに「問題社員」を管理するか (HBRアンソロジーシリーズ)
(2005/01)
DIAMONDハーバードビジネスレビュー編集部

商品詳細を見る

<商品説明から抜粋>
 どんな組織にも「Cクラス社員」の扱いに日々頭を悩ませるリーダーがいて、考えるとうっとうしいのでほったらかしだ。
 まずは「Cクラス社員」による弊害を整理して把握し、それを基に厳格なルールを打ち立てて、現場の管理者が課題に取り組める環境を作ることが大切だと指摘。 
 次いで「Cクラス社員」の識別を行い、個々のアクションプランを作成して課す。結果は3つで、 
  第1は「少なくともBクラスまで業績を上げる」
  第2は「本人の能力に適した別の仕事に変わる」
  第3は「退社してもらう」。
 ・・・・・「いかなるマネジャーも社員の性格は変えられない」と認めたうえで、生身の人間として部下と対峙する勇気が必要だと唱える。その他豊富な事例から教訓を導き出していく。

 試合は所用でリアルタイムTV観戦できなかったので、沢山の記事を読んでからビデオで視ましたが、鹿島・広島・J事務局とも「想定外」のケーススタディをさせてもらってしまったようですね。
 これまでも個々のアクションプランをサンザン実施してきた「審判某氏」と「某サポータ達」にはそろそろ第3の結論を出すときではないでしょうか?

 鹿島も小笠原が試合後のコメント
 「一番冷静でなければならない人が感情的になった」
 と言った様ですが、これは「選手」「チーム」のことですよね? 熱くなるのは「サポータ」で、騒ぐのは「フロント」です。 重慶の代表は「勝って」黙らせたわけですから、この試合も2-1で勝ちきるべきでした。 選手もそれは反省しているようですが・・・

 それと、この湯浅氏がコラムで言っている
  『「とにかくアントラーズは、今シーズンも、抜群の「勝負強さ」を発揮するに違いありません。この試合でも、まさに「ACミラン」という素晴らしくバランスした「強い」サッカーを魅せつづけましたよ。』
 湯浅氏ってこういうサッカーはお嫌いなようなんですが、「アントラーズ」「ACミラン」を貴方の大好きな「レッズ」「バイエルンミュンヘン」にしても、間違っていないと思いますが??? 私は、粛々とサッカーをする「アントラーズ」と「レッズ」と「ACミラン」と「バイエルンミュンヘン」は好きです。 そして、それが出来ないときの七転八倒と修正する「さま」が楽しみです。
 評論家というサッカーの世界では「リスクチャレンジ」から一番遠い人は、もっとちゃんとした文章を書いてほしいです、期待してます。 評論家以前の「サッカーに趣味以上の興味の無い売文家」は無視。 サッカーをテキストにするならこの映画ぐらい心情を入れて欲しいものです。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/72-da0f0e5b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。