上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本 1-0 豪州  試合の詳細はこちらから・・・  AFC・HP  監督インタビュー  選手インタビュー  Goal.com記事

 チーム全体のまとめは改めて・・・。 いいとこ取りJapan』(各人のよさの最適組み合わせ)がこのチームの謳い文句だと思います。 コパ・アメリカ WC予選 コンフェデ と面白い「これからの4年間」になりそうですね。

追:表彰式のコンパニオンさんが、ヒール履いているだろうとはいえ、殆どの日本選手より背が高いのが・・・(爆)
 長友と岩政の試合でした。 フィジカルにはフィジカルを・・・で日本が勝った試合って、そうめったにあるもんではないでしょう。
 長友への賛辞は世の中限りありませんでしょうし、私も同感です。 一方、岩政は、試合の途中から戦術的交替で、それもやったことの無い布陣とCBのパートナー、これは本当に難しいことなのです。 逆効果ならもちろん、不運で失点シテモNG。 使う方も度胸が要ります。 岩政の「比較優位」ははっきりしていて、それを「やるべき」のみとはいえ、そこから試合の流れが変った、結果が出たという点で、Goal.comの7.5という採点には納得です。
 前半から日本は、疲労からか動きが少なく、パスも足元ばかり。 単発のいいプレーはあるものの、豪州のカウンター&雪崩込みにやられっぱなしでした。 後半から、豪州も疲弊したきましたし、日本が、ポゼッション・パスゲームを断念して、ロングボール・回収・サイドアタック、に徹していったのが、今大会唯一撃ったシュートでヒーローになった李忠成の、決勝ゴールを生んだのでしょう。 それにしてもあの場面、豪州のDFはわざわざ李のマークを放棄して、ニアポストに詰めたのは何故なんだ??(笑)。
 元来、豪州のような、試合全体でも一連のプレーでも、フィフティ・フィフティのボールでチャレンジし、それに勝てれば「OK」、いけるところまで行く、というのは、ごく一般的で原則的なやり方です。 このシンプルなフットボールに結果的に失点「0」、そして決勝点が「走り勝つ」ことによって生まれたことは、06年ドイツWC以降の「フィジカル逆信仰」を払拭するものになってくれればと思います。




Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/739-87177def
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。