上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 鹿島 3-3 大宮 試合結果の詳細はこちらから・・・   現地観戦
 上田のFK、イ・チョンスのミドルと、スーパーなゴールで3度リードした大宮ですが、ロスタイムに、エリア奥を崩され、オウンゴールで引き分け。 大宮にとっては勿体無い試合かもしれませんが、後半の劣勢からすれば止むを得ず、でしょう。 後半の鹿島は、あれだけ決定機を外しては、勝てませんね。 先取点のマークミスといい、自分で苦しくした試合でしたが、久しぶりにみる「フルパワー」攻撃は中々楽しかったです。
 大宮は、4-2-3-1というか、鈴木流4-3-3。 前線はラファエルが左サイド、イ・チョンスと藤本が動きながらチャンスを狙う形。 肝要なのは、今年補強したCBキム・ヨングンと、磐田から来た上田康太。 二人が利いています。 最後尾と、中盤の底からパス出し、捌きができるので、これまでにない、「ポゼッション」からの仕掛けが出来ていました(但し前半のみ・・)。 でもここを潰せば機能停止、サイドの守備が弱そうなので、疲れたところを突かれると・・・(笑)。 終盤は4-4-2で、引いてブロックを造って守りに入りましたが、本気で守るなら小笠原を潰しに行かないと、最後のように決定的パスを通されます。
 鹿島は兎に角造ったチャンスをFWが決めないと話になりません。 興梠・大迫はもちろん、田代・カルロンも胃に穴が開くぐらいシュート練習!。 マルキーニョス不在の影響か?といえば、昨年のマルキのパフォーマンスであれば、決定力が改善していないということ。 X杯、ACL、Jと3試合でFW得点0ですから、鹿島ファンはストレス溜まることでしょう。 先発がカルロン・興梠で、交替で大迫・田代を入れるのが、鹿島のやり方からして効果的のような気がします。 まあ、長いシーズンですがそろそろ監督の交代時期のような気がしますがねえ。

 水戸 2-1 京都 試合の詳細はこちらから・・・  残念ながらTV録画観戦
 水戸が勝ったと聞いて、どんなもんだろうと・・・。 4-4守備ブロックで穴をあけず、小気味のよく攻めきる、いや普通に試合内容で上回って勝ちきり、でした。 闘将ホントに侮れません。 育成的モチベータ、本職の守備のコーチングは流石です。 波は勿論あるし、選手層も薄いですが、「生きた試合」をしていって欲しいもんです。 次回は是非観にいきたい。
 変則3バック導入の大木さんは、代表に変な思想を持ち込んで「岡田A監督の闇」を造ったように、京都にも闇夜を彷徨わせるのでしょうか・・・。

  3-0 清水 試合の詳細はこちらから・・・ TVリアルタイム観戦
 PSMの水戸戦では「如何するんでしょ」と思った(リンク)柏ですが、各記事にあるように、流石ネルシーニョ。 修正というか「仕上げて」来ました。 大津を最前線でフリーロールで使って「流動性」のスイッチにして、増島をSB(京都でもやっていたが・・)で機能させる。 新ブラジル人選手も結果を出すと信頼も上がるもの。 近いのでそのうち観に行こうかなと思います。
 清水は、外を薄くする柏に対し、ワイドに張らせて仕掛けたつもりでしたが、中央を制されて惨敗。 今後どうなることやら・・・。

 さて、これからドイツカップ バイエルン0-1シャルケ バルセロナ1-0バレンシア でも観ますか。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/757-af18d346
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。