上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所謂「フュージョン」全盛期の日本発スーパーバンド。 結果的にワンアンドオンリーでした。
 Michael Brecker (tenor sax), Steve Gadd (drums), Eddie Gomez (bass), Don Grolnick (piano), Mike Mainieri (vibraphone), and special guest Kazumi Watanabe (guitar).
Smokin in PitSmokin in Pit
(1999/08/10)
Steps

商品詳細を見る

日本発売オリジナルジャケットはこちら
スモーキン・イン・ザ・ピットスモーキン・イン・ザ・ピット
(1995/08/19)
ステップス

商品詳細を見る


 音源だけですが、秀作3曲をどうぞ
・Young and Fine(リンク)  1曲目からフルスピード
・Not Ethiopia(リンク) Steve Gadd と渡辺香津美がフル回転
・Sara's Touch(リンク) Mainieriのバラード名曲

これ以降は、Steve Gaddが顔を出さなくなり魅力半減でした。


Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/764-2a422b7c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。