上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Yの悲劇 (創元推理文庫 104-2)Yの悲劇 (創元推理文庫 104-2)
(1959/09)
エラリー・クイーン

商品詳細を見る

 エラリー・クイーンは、X,Y,Z。 特にYの悲劇が評判がいいようですが、これは、ヴァン・ダインの「グリーン家殺人事件」に構成がそっくり。 あえて、同じ構成で、「こっちのほうが面白いですよ」と、自信満々のところもあります。 で、私は、「悲劇」3部作より、結構やっつけ仕事的国名シリーズの方が好きです。

「ギリシア棺」の「重さ」と「ええ!?」という仕掛けもいいですが、
ギリシア棺の謎 (創元推理文庫 104-8)ギリシア棺の謎 (創元推理文庫 104-8)
(1959/09/18)
エラリー・クイーン

商品詳細を見る

 やっぱり、猟奇性・スピード感・・・探偵エラリー・クイーンが事件を追って(追われて)駆け回る「エジプト十字架」が一番です。 荒っぽ過ぎる構成やトリック・読者へのネタ提示もまたオツです。
エジプト十字架の謎 (創元推理文庫)エジプト十字架の謎 (創元推理文庫)
(2009/01/09)
エラリー クイーン

商品詳細を見る

 これは、映画化にいいと思うのですが、色々調べてもありません。 もったいない気がします。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/776-77c3980c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。