上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本1-0朝鮮民主主義人民共和国…試合の詳細はこちら…と こちらから…

 ザッケローニ監督試合後コメントの(リンク)の「一粒、一粒は海になる」は、英語の「drop by drop becomes a sea」の直訳ですよね。 イタリア語でなんと云うのか?、まあ、調べればいいのですが(笑)。 日本語的には「点滴石を穿つ」(リンク)・・・でしょうか。 昨日の雨は「雨垂れ」どころじゃないし、北朝鮮の守備陣は、結構頑丈でしたが「岩」や「山」ではなかったし・・・。

 さて、前半を視ていて「どうせ苦労しても最後はごり押しで1点は取るだろう」と、ノンビリしておりました。 結局ご存じのとおり、「水戸黄門サッカー」を見事演じてくれました。 一番の心配は、右SB内田とリャンのマッチアップで「内田の裏」を突かれ、CBが引き出され、中央が薄くなり、遠藤が戻り遅れて、ミドルシュートがズドンと入っちゃった・・・でしたが、それも、意外にというか、内田がDF面でやられなかったし、人数を掛けてリャンを封じ込めたので、北朝鮮は全く攻撃が機能しませんでした。
 あとは点を取るだけ・・・ですが、「黄門様」(本田)のいないわが軍は、「助さん格さん」も今一つ不発、「風車の弥七」の飛び道具もイマイチ・・・、と思ったら最後「うっかり八兵衛」が決めてしまいました(笑)。
 
 試合は、BSで視ましたが、岡田・山本の両解説者が、まあ「非当事者」的リラックスさでもう「言いたい放題」、面白かったです。
 山本さんが「これを続けるしかありませんね(暗に、岡田A監督だったら「無駄に小細工や修正するだろう?」)と突っこみ、それに岡田さんは、「そう続けるしかありません」「よく修正をしようとするのですが、下手に手を入れると更に悪くなる」と、まるで山本元オリンピックチームを揶揄するような・・・(笑)。
 試合後の遠藤のインタビューで、遠藤が「修正します」と云ったところ、岡田さん・・・ここぞとばかり「修正するところなんて無いと思ってんだろ!」・・・遠藤苦笑。 山本さん「いつも頭が下がるばっかりで・・・よろしくお願いします」・・・遠藤絶句・・・なんじゃあ!!

 ということで、「エンタメ代表試合」暫く楽しめそうです。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/781-40bfc025
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。