上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水戸1-1東京ヴェルディ 現地観戦  試合の詳細はこちらから・・・

 メインスタンドの修理が終わって初めての試合、久しぶりに現地観戦です。 スターティングメンバーは下図です。

 水戸は、実質ボランティア参戦の鈴木隆行と、昨年後半にアキレス腱断裂から復帰した吉原の、水戸には「カブン」なツートップ。 MFはフィジカル系のロメロ・フランクがこのところレギュラー。 バックラインはCB・DFタイプを4人並べている。
 ヴェルディは生で観るのはほんと10年ぶりくらいですが、「ヴェルディ」の選手、というイメージは河野くらい。 中身もその他大勢と同じサッカーになってました。
mitoverdy01
 開始早々鈴木隆とGKがルーズボールを競って、GKが「KO」! と挨拶代わりのファイトから始まり、何気に不気味な予感・・・そう、相手には「森」がいるね・・・(笑)。
 さておき、試合は、水戸の徹底した右横にコンパクトが前半機能。 とにかく、右の高い位置に張り出した小池にボールを集めて、相手ボールになっても密集してプレス。 ヴェルディの速いパスワークを封じ、サイドで膠着状態を造りだす。
 こういうのは、「ヤクルト」の招待できたお客さんには「ツマラナイ」展開ですねえ。 「森」くんも逆サイドでヒマそうでした。
 といっても、「小池という自軍の強さを生かして、相手の強さも消す」攻守一体ですね・・・と、水戸のプラン通りの展開の前半でした。

 後半は、ヴェルディは河野に替え高橋を投入。 小林を右ワイドに上げ、開始早々から「前のめり」に出てきました。 この勢いに水戸は押され、ボールがワイドに回りだします。 「森」くんの「偶然のヒジ打ち」でテンションは更に上がって参ります。 そして後半10分、ミドルシュートがDFに当たって、ゴール前に詰めたマラニョンの足元へ・・・ゴール!。
 そう変化を加えてはいないのですが先取点後もヴェルディのペース。 特に水戸がDFラインから組み立てるときには、今度は水戸の左サイドに誘導し、全くボール扱いが下手な尾本を起点にさせて、そこからの出玉をプレス・・・。 水戸もどうも吉原の「噛み合い」が悪く、攻め手がない状態。 こういったとき、「耐える・ペースを変える」が、うまく出来ないのが水戸の未熟さ・弱さかな・・・と。
 マラニョンの一発カウンターで勝負あり・・・みたいな展開でしたが・・・。 後半20分に、吉原に替えて鈴木将を中盤に入れ、ロメロをFWにあげ「力ずく」勝負に出て、一方ヴェルディが「森」くんを二枚目のカードを警戒してか(笑)交代させてからは、ヴェルディが「守り」に入ってしまい、水戸が押し込む展開。 後半の後半は下図。
mitoverdy02
 そして、後半36分左サイドを突破した小澤のシュート性のボールが(多分DFに当たって)ゴール!。 ここからは猛烈な撃ち合い・・・お客さんも大喜び! 鈴木隆の3人かわしての「おお!」というループシュートがバーを叩いて・・・終了。 面白い一戦でした。
 試合を通じ、鈴木隆行は「器」が違います。 まだまだ「お金を払って観たい」選手です。
 リーグ戦はもとより、天皇杯は次はガンバですね。 守り倒しでも何でも勝負を挑んでほしいもの、健闘を期待します。  
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/789-55d39a90
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。