上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Jリーグ開幕に合わせ、久しぶりの更新です。

J2 '12年開幕戦 水戸2-1横浜FC  試合の詳細はこちらから(リンク) 現地観戦
 観梅の時期となるも、まだまだ寒いK'sデンキスタジアムでしたが、アウェーお客さんの数もそうでもないのに、5800人の入り。 試合も「熱く」盛り上がり、いい時間でした。

 水戸は、天皇杯で勝ちあがりなど、昨年の終盤は、鈴木隆を軸として、チームとして「力」になっていました。 新加入の両SBの市川と輪湖、OMF(FW?)の橋本が「補強」になれば、結構イケル戦力かな・・と期待しています。 一方、「赤帽」横浜FCはカズがねん挫で欠場とのこと。 でもサブに田原・永井とは何と豪華な・・・。

 先発メンバーは下図の通り。 
mitoyoko01
 試合開始から、横浜FCがフルスロットル。 単純に「放り込んでプレス」ではなく、両サイドがどんどん押し上げ、特に、水戸の右サイドにポイントを造り優勢に進めます。 そして、難波がゴールエリアライン際まで切れ込み、クロスが逆サイドに抜けた処を杉山が折り返し、大久保がボレーで叩きこみ先制。 見事な崩しとシュートでした。 水戸は30分過ぎまで、押されっぱなしでしたが、ホベルトが自由に動き、うまい「捌き」をしていたこと、片や水戸の橋本が攻守に全く消えていました。
mitoyoko03
 幾分横浜の攻勢も落ち着き、水戸もサイドを引かせ、鈴木・橋本が横の2トップの形でBKラインにプレシャーを掛け、まず楔を入れさせず、サイドに逃げるかロングボールを蹴らせるようにすると、横浜のミスが出てきました。 そして、ミエミエのサイドチェンジを、杉山がトラップミスしたところでボールを奪い、一気に左サイドを崩し、中央で橋本がニアに動いて引っ張った裏側から、小澤が走り込みダイビングヘッドで同点。 こちらも見事なゴール。 これで、一気に流れが水戸に来てしまいました。
 戦術的にどうこうというより、中盤での「せめぎあい」で水戸が勝つようになり、後半はほぼ一方的に水戸の攻勢。 そして、中盤でロメロフランクがボールを奪うと、橋本・輪湖で一気に左サイドを突破し、グラウンダーのクロスを鈴木隆がスルーして、飛び込んだ島田がうまいトラップからシュート。 勝ち越し・・・これも見事なゴール。
 リードされた横浜は、前線に田原をはじめ4人を並べそこに蹴りこむだけ。 ホベルト・渡邉・田原は、ボールより相手を突き飛ばす方が相変わらずお好きらしい。 最後は、水戸も加藤・尾本と長身CBを入れ、「山脈」でことごとく跳ね返し・・・終了。  
mitoyoko02
 水戸の「快勝」でした。 内容は、鈴木隆の「ポスト」「キープ」に依存し過ぎ、橋本が2点に絡んだけれどまだ浮いてる・・・など、課題を挙げればきりがありませんが、 昨年感じた「不利な時」「うまくいかないとき」の「我慢」「辛抱」ができるようになってきたこと、ミクロの局面での判断とプレーが「改善」されてきたこと・・・は感じます。 気持ちと走力は柱谷「闘将」のセレクトメンバーですから・・・言うまでも無さそう。
 今年は「年間パス」を買ってしまったので、休日のホームゲームは全部観に行く予定です。 次は3/11(日)富山戦です。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/792-22707c0c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。