上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
J2 '12年度第7節 水戸0-1千葉 試合の詳細はこちらから・・・ 現地観戦
 前回の水戸ホームゲームの松本戦(試合結果リンク)は、雨天で観戦を断念。 後藤さん他の観戦記(リンク)にもあるとおり、リアリスト反町は後半「引きこもり」に徹し、あえなくノーゴールドロー。 水戸も立派になったなあ・・・と、感慨にふけっておりましたが(笑)、続くアウェー山形戦(試合結果リンク)も優勢に進めつつもノーゴールドローと・・・、ゴールが遠い水戸です。

 本日の千葉戦は、ここ数試合の停滞感を打破できるか・・・何か「手」は有るのか・・・という試合。 試金石・マイルストーンですね。
 両軍先発メンバーは下図の通り。
 水戸「これしかない」イレブンと布陣。 橋本がかなり「噛み合って」きて、攻撃面でも有効になってきました。 右サイドからの造り、左サイドのスペースで島田・輪湖のスピードを生かすのが「これしかない」攻め手。 両DMFは「ゲームメイク」より「中盤白兵戦」要員で、ここで勝てないと・・・また素早く展開できないと「劣勢」になる。
mitochiba1
 千葉は深井が左サイド高い位置を起点とする変則4-2-2-2。 深井・レジナルドがサイドアタッカーというより、サイドを起点に自由に動いていくので、千葉の両サイドに「スペース」ができやすい。

 試合は、開始からお互い「前プレ」「コンパクト」で、「中盤の白兵戦」。 15分すぎから、すこし落ち着いて千葉が攻めのペースをつかむが、前線に人手をかけたり、縦のポジションチェンジをするわけでもないので、水戸の守りを崩せない。 水戸は、鈴木隆にボールが収まらず(ロングボールへの競り合いでジャンプしていないので、どこか悪い?)中々ゴール前まで行けず、島田サイドからの単発攻撃が目立つくらい。 勝負は後半。
 
 どちらが「仕掛けるか・・・」という後半立ち上がり。 千葉は少しずつ「押し込み」始め、水戸危なそう・・・と思ったところで、千葉はあまり「違い」を出していなかったレジナルドに替え、右高い位置に田中を投入。 そして、水戸の左サイドを数的優位で崩し、本間の判断ミスもあったが、逆サイドから折り返し、替わった田中がゴール。 木山監督の「手」が当たったね。 
mitochiba2
 先取点を取った千葉は、水戸の攻めをバックライン手前で抑え、スタミナ無尽蔵の藤田を縦に走らせ、ライン上げの「一手」。 水戸は、接近戦でまるでダメだった橋本を替え、DMF西岡を削って攻めの選手を入れるが全く機能せず。 本日ピッチにいた人間で最悪の出来だった「主審」に切れた柱谷監督が「退席」。 ということで、千葉が余裕で逃げ切り。 水戸の選手も「戦いに負けた」わけでなく、お互い少ないが引き出しの数と、明らかな選手層の差が、0-1という結果ですね。
 さて、手詰まり感にあふれる水戸ですが、どう「手」を打ってくるか・・・島田か小澤は切り札にとっておいて、接近戦のできるMFを入れて、4-3-3気味にするのも「手」だとは思います。

 それにしても今年の審判は酷いね・・・。 この試合も、ハンド見逃しとか、ファウルの基準がぶれるは「能力」の問題なのでこんなものか・・・と思う。 ただ、蹴ろうとしてボールを置き直すのは現象として「時間稼ぎ」だが、0-0でホームチームのGKが「遅延」行為をするかいな? 呆れました。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/795-69464300
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。