上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 J2 '12年度第17節 水戸3-1栃木 試合の詳細はこちらから・・・(リンク) 最新順位はこちらから 現地観戦

 北関東ダービーと言えば、「家電量販店」の「山田:1位」(群馬)・「加藤:3位」(茨城)・「小島:7位」(栃木)は、全国規模。 水戸なんて、山田と小島が国道の対面に店舗を構え、そこから数キロで加藤さんの本店がある、と、「競争・牽制買い叩き」には絶好のロケーションです。 山田さん小島さんもスポンサーになって『代理戦争』化すると「盛り上がるのに!」(勝ったらTV半額とか(笑))・・・でしたが、10年前は日本一の売り上げだった小島さんは、最近の不振でビックカメラに買収されてしまい、家電北関東ダービーから「脱落」。 サッカーではこちらが脱落しないよう踏んばりたいところ。

 水戸のメンバー・布陣は「これしかない」11人(リンク)
 前節から怪我の橋本が復帰し、アウェー町田戦でまあまあの働き、後半サイドにポジションを移して起点になってチャンスを造っていたので、膠着した時の「次の手」かな・・・と。 橋本復帰で、ゲームを造る駒が入って、先日のような(リンク)無様な展開にはならないだろう・・・と思いましたが、・拮抗から相手の攻めを防ぎ・・・セットプレーの流れから先制・・・後半開始早々良い崩しから追加点・・・カウンターでダメ押し。 と、試合展開としては最高の流れで久しぶりの勝利です。
 栃木はパウリーニョ・菊岡がいる分、ここぞのパスや崩しの魅力はあるが、そこまでのおぜん立てがうまく出来ない。 後半「棗」をターゲットマンとして入れるも、どうも噛み合わない。 水戸は中盤の「奪い合い」「捌き」に橋本や島田などきちんと参戦し、マイボールにしたところから展開するので、この試合は、ロメロ・フランクが不調で、ボールゲインがうまくいかないときが多かったが、嵌れば「決定的」になる。 一番得点になりやすい、「相手陣で相手ボールになり相手が攻めようという時に、複数ですぐ奪い、前を向いて速く攻めきる」=クロスカウンターですね。
 笑裏蔵刀趁火打劫 という試合でした。 ロスタイムの「お土産の1点」は無駄でしたがね。

 これで水戸は8勝4分5敗と、プレーオフ目標の「2勝1分1敗」(勝点率58%)には足らないが、この勝ちを期に又連勝してほしいところ・・・。

 さて、今年のホーリーホックメンバー『スカウティングレポートを簡単に・・・。
 GK(1):本間: 守護神であり、地元(日立生まれ・水戸の高校)出身、J2最多試合出場、チームの顔です。 年に2,3回ある大チョンボと少々過剰なセービングパフォーマンスも愛される由縁。
 右SB(25):市川 早熟の天才SB。 今年から加入しホントに地味にタスクをこなしています。 クロスは流石狙いが良い。 そして、これまでのSBよりカバーリングやコーチングが格段に上、守備の安定をもたらしています。
 CB(6):塩谷 国士大卒で柱谷監督の秘蔵っ子、今や守備の重鎮・攻めの起点。 某山村くんより良いと思うよ(笑)
 CB:尾本・加藤・キム 塩谷の相方はストッパータイプ。 高さOK、足元攻守に不安、試合毎に使い分けています。 絶対的高さの加藤が負傷離脱中。
 左SB(3):輪湖 徳島から今年加入。 攻撃はスピード・足元とも魅力だが、守備で簡単に「裏獲られる・抜かれる」のが不安。 ヴェルディ「森」に完敗でした。 この辺は「気持ち」も問題もあるような。
 DMF(14):西岡 3年目でレギュラー定着。 簡単にきっちりやる。 これまでは、集中力を欠くというか、ちょっとサボるプレーに甘さがあったが、今年は90分安定してきた。
 DMF(24):ロメロ・フランク ペルー生まれ、湘南育ち、青森山田・流経大。 中盤の「闘う」「頑張る」選手。 状況判断・確実さなど注文したいことはたくさんあるが、試合を「する」には欠かせない。
 右SH(28):小澤 チビッコSH「その1」 風間監督・筑波大時代のエース格。 サイド起点に、中に入って「間抜け・裏抜け」が得意。 いいポジショニングなんだが、良いクロスが上がると、そこにいるのが小澤で絶対競り勝てず・・・が結構もあるのは・・・ああ残念。
 左SH(15):島田 チビッコSH「その2」 「タテ」ブッチギリ専門。 スペースを与えると止まらない。 守備でかんばれるようになってレギュラー定着。
 OMF(10):橋本 シーズン当初は「俺なんでここにいるの」みたいな雰囲気だったが、ここにきて本当の「軸」に。 密集戦から抜け出て前を向いたときは、攻撃で「違い」を造れる。 この試合の全得点は彼の「アイデア」と「技術」からといっていい。
 FW(30):鈴木 漢「隆行」今や伝説の人、ホーリーホックのシンボル。 「一芸」の選手で、下手なのは相変わらずだが、必ず居てほしい、何故か「応援」したくなる。 尚、本間とは同じ日立出身で1学年上。
 FW(9):吉原 水戸に来てから怪我が絶えず、今や長時間の稼働は厳しいが、やはり出てくると「期待」してしまう。 これからの夏場、苦しい後半残り15分で「決めて」くれれば・・・最高ですよ。

 代表戦は、3連戦が終わってから纏めて・・・にします。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/809-f9cf1111
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。