上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 迷子さんのコメント欄で盛り上がってしまいましたが、2本の日中コラボ映画が製作中のようです。
 1本目は、このキャラクタとキャスト??と首をかしげる『楊貴妃』・・・紹介(リンク)
 配役が 楊貴妃=「范冰冰(ファン・ビンビン)」 寿王=「小栗旬」 李白=「王力宏(ワン・リーホン)」 そして 玄宗=「尊龍(ジョン・ローン)」 ですよ! 何を今更じょんろーん・・・すんごいキャスティング! どうも范冰冰さん自ら出資・制作のようで、全く彼女の「唯我独尊・天下第一」のお好み映画になりそうな・・・、私こんなやくやりたかったの!って。 小栗君はあの「皇太子争いに負けるわ、親に嫁さんを寝取られるは、といって内紛を収めるのに四苦八苦するは・・・の寿王役ですね。 政策発表会見の写真と、小栗君の戦闘シーンです(撮影はしているみたい)
youkihi001
 ビンビンちゃんのぴんくのドレスが眼に痛いです。 楽しみは「華清池で入浴する楊貴妃がどこまで見せるか?」でしょうか、「トンデモ・お●か」に仕上げて、ネタを振りまいて欲しいです。
 さて、玉木君は宦官と言っても高力士で寿王虐めではなく、こちらの映画です。 『銅雀台』 紹介(リンク)
 銅雀台なんで、曹操・二嬌・周瑜のドロドロ話かと思いましたが、どうも違って、曹操の死後一緒に葬られた女性のお話のようですね。
 配役は 曹操=「周潤發(チョウ・ユンファ))」 灵雎/貂蝉=「劉亦菲(リュウ・イーフェイ)」 献帝=「蘇有朋(アレックス・スー) 穆順=「玉木宏」 
 晩年の曹操にユンファ、献帝に張無忌アレックス・スー 薄幸の美女?イーフェイさんと なかなかのバランスです。 そして穆順?WHO? と調べたら、どうも献帝付の宦官みたいですね(リンク) 玉木くんとイーフェイさんの撮影シーンがありましたが、髭がない!(眉毛も?)ということでやっぱり、玉木君は、義朝が斬首された後、転生して宦官になったようです。
 松山くんも清盛なんかやってないで、安禄山でも関羽の亡霊でもいいので、参加したらいいのに。
 
 こちらは、イーフェイさん4連発です。
ifei001
 監督はイーモウの「撮影」担当だったようで、映像は期待できるかな? どちらにしろ、楽しみにしております。

追:『銅雀台』・・・ これが予告編みたいですがよく映りません(リンク) これをみると、タイトルキャストに黄暁明(ホヮン・シャオミン)が出ていて、実際画像にも出てきます。 アレックス・スーが居なくて、林峰(香港のアイドル?)の名前が・・・。 それと玉木君は武将で宦官ではないみたい(笑)。

追の追:この映像は偽予告編でした。 でもこのキャスト(アレックスが献帝なら)面白そう。
Secret

TrackBackURL
→http://mariott.blog21.fc2.com/tb.php/814-f2645235
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。